税理士に依頼する費用は?

今度は相談料などとは別に、税理士の先生へ実際に相続手続きなどに関しての必要な手数料の相場に関しての内容になります。若干、税理士事務所毎においても異なりますので、それぞれの事務所毎においての、料金相場についての現状といったものを把握をしておく必要性がある事はいうまでもありません。

例えばある事務所の場合、遺産総額が7千万円台以下の場合、その1%にあたる額である70万円分必要になるとする設定、また他の事務所での計算の場合には、2億円から3億円の間の遺産総額の場合での計算の際には、その遺産総額の0.7%に42万円をプラスした額(1億7542万円分)といったような感じで計算がなされていくような感じになっていますので、本当にそれぞれの整理士の先生が運営をしている事務所毎により、異なる傾向があるのは確かです。

また、今挙げた各ケースのように、それぞれの相談者が相続をするべき資産の違い毎においても、申告手数料料金の相場がそれなりに異なってきたりするような場合もありますので、この点についてもようく留意をしておかなくてはなりません。相続資産の総額が高ければ高い程、税理士の先生へ依頼をする手数料額の相場も高くなっていく事を理解をしておけば、それなりの対応が可能になります。