税理士による相続相談サービスについて

税理士国家資格などを所持している、法律の専門家である先生などがやっている相続相談サービスなどに関して紹介していきます。税理士は相談業務などを行う事も特に禁止などもされていないため、税理士法その他関連法などにおいても、そうした相談の受付や応対などが可能な表記の条文仕様にもなっていますので、もちろん、相続相談なども業務として依頼を受けています。

そして、相続関連の問題などはやはり、その相談依頼者ご本人自身にとっての大変深刻な課題であり、かつ、相談依頼者の親族である方々を巻き込んでいくようなところもある場合も十分に有り得ますので、そうした事態を想定をしながら、そのご本人に対しての税務法上の相続税や固定資産税、所得税その他の各種税金種類はもちろんの事、その方の親族や兄弟姉妹の法律上の規定に基付いた相続配分のあり方などについての相談なども多いのが現状といえます。

また、その自らの税理士としての権限や税務関連法に関しての知識やこれまでの実務経験などを踏まえたうえで、中々有効な相談時においての、商品の購入後であるアドバイスや見積もりなどの結果を通じた総合的な面からの、それぞれの相談者に合う対応なども、司法書士や弁護士などの国家資格を所持している法律専門家の方などとはまた違った、その税理士ならではの範囲や法的権限行使のスタイルといったものがあります。やはり、税務全般に関しての相続相談サービスといったようなものですので、一度は利用をしてみる価値はあるかもしれません。